眠気覚ましの栄養ドリンク

眠気を催す原因は、アデノシンと呼ばれる物質だといわれています。
人はアデノシンが増え、その働きが活発になるにつれ、どんどん眠くなっていきます。

そのアデノシンの動きを抑える働きがあるのがカフェインです。
従って、眠気覚ましの効果を持つ栄養ドリンクの成分はカフェインが中心になっています。

通常、カフェインは体内に入ってから約15分から20分ほどで効果を現し、2時間ほどで消滅すると考えられています。
徹夜の勉強や仕事などで、立て続けに眠気覚ましドリンクを飲むと、カフェインを過剰摂取するだけではなく、体にカフェインに対する耐性が生まれ、眠気覚ましの効果がなくなる恐れがあります。

常盤薬品の「眠眠打破」には、定番の「眠眠打破」のほか、「眠眠打破 濃抹茶味」、「強強打破」の3種類があります。

「眠眠打破」は、50mlボトル1本にカフェイン120mgを含むマイルドなコーヒー風味のドリンク。
「眠眠打破 濃抹茶味」は、コーヒー味が嫌いという人のために、抹茶や緑茶から抽出したカテキンが主な成分となっています。
「強強打破」は、カフェイン150mgにナルコユリエキスやガラナエキスなどをプラスしました。

ロッテ健康産業株式会社から発売されている「ブラックブラックスパークリング」は、カフェインの外にイチョウ葉エキス、菊花エキス、唐辛子抽出物などを加えたミント味のドリンクです。
唐辛子とミントとの組合せにより、スッキリ感と体温の上昇を同時に感じられる独特の目覚ましドリンクとして評判をよんでいます。

このページの先頭へ